チケット買うなら、イベントするなら 🎫 マイチケ

天使のおくりもの 聖なるクリスマスメイン画像
天使のおくりもの 聖なるクリスマス
クラシック
🕒日時
2018年12月5日 (水) 19:00 開演(18:30開場)
<<イベントは終了しています>>
🏛会場
茅ヶ崎市民文化会館 大ホール
神奈川県茅ヶ崎市十間坂三丁目6番5号
TEL:0467851123
🎫価格
全席指定 3,800円
👥出演

天使のおくりもの 聖なるクリスマス について

<出演者>
トランペット: オマール・トマゾーニ(ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団首席奏者)
ソプラノ:マライア・ファン・ストラーレン
ピアノ:イェルーン・バル


<予定曲目>
バッハ=グノー アヴェ・マリア
シューベルト アヴェ・マリア
カッチーニ アヴェ・マリア
ガーシュイン ラプソディー・イン・ブルー
愛燦燦 ほか

イベントサブ画像

オマール・トマゾーニ Omar Tomazoni(トランペット)

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団首席トランペット奏者。イタリア・ブレシアに生まれる。ルカ・マレンツィオ音楽院で輝かしい成績を修め、最優等で卒業した。国内外での有名な音楽コンクールで何度も優勝や上位入賞を果たしている。これまでに、国際的に著名なトランペット奏者であるピエール・ティボー、フレッド・ミルズ、ステファン・バーンズ、ハンス・ガンシュ、ジョン・ミラー、マックス・ゾンマーハルダー、ジュゼッペ・ボダンツァ、ヴィンセント・ペンツァレッラ、フィリップ・スミス各氏に師事し、数多くのマスタークラスを受講した。スカラ座管弦楽団、ヤナーチェク祝祭管弦楽団、ワールド・ユース・オーケストラといった世界的なオーケストラで首席奏者を務めた経験があり、2001年から2003年にかけて、EUユース管弦楽団の一員として活躍。その間に、イタリア共和国で芸術的価値の高いアーティストに与えられる、ブロンズ・メダルを贈られた。2004年から2008年、ズービン・メータが首席指揮者を務めるフィレンツェ五月音楽祭管弦楽団の首席奏者となり、2008年から2013年にはアントニオ・パッパーノが音楽監督を務めるローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団で首席トランペット奏者として活躍。2013年から、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席奏者。色彩感豊かなフレージングや卓越した音楽性を発揮し、時にテクニカルでトリッキーな独自のサウンドや透明感は、聴衆を魅了してやまない。現在、ヨーロッパで最も活躍するトランペット奏者の一人である。近年ではソロ、デュオ、室内楽でも活動し、Italian Wonderbrass Quintetの創設メンバーとしても活躍している。
オマール・トマゾーニ

マライア・ファン・ストラーレン Marijje van Stralen(ソプラノ)

オランダのアムステルダム音楽院にてマルグリート・ホーニヒに師事。フルブライト奨学金を得て、フィラデルフィアのカーティス音楽院へ留学。ニューヨークやイギリスでも声楽を学び、数々のコンクールで入賞を果たす。 ルイ・アンドリーセンのオペラ「Writing to Vermeer」のアンサンブルとしてオランダ国立歌劇場にデビュー。これまで演じたのはモーツァルト「魔笛」のパミーナ、ビゼー「カルメン」のフラスキータ、プッチーニ「トスカ」の羊飼い、ヴェルディ「椿姫」のアンニーナ、など。ロイ・グッドマンをはじめ多くの著名な指揮者や、オランダ・フィルハーモニー管弦楽団など各地のオーケストラとの共演を重ね、ロンドン、ニューヨーク、パリ、サンフランシスコなどで開催される音楽祭に招かれ、出演を重ねている。
マライア・ファン・ストラーレン

イェルーン・バル Jeroen Bal(ピアノ)

1997年アムステルダム音楽院ピアノ科を首席で卒業。同音楽院にて助手や伴奏ピアニストを務めている。オランダ国内の著名な音楽コンクールで数々の優勝や入賞を果たす。オーケストラ・ピアニストとしても活躍し、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団やロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、マーラー室内管弦楽団など国内外の主要なオーケストラとたびたび共演。2004年にはストラヴィンスキー『ペトルーシュカ』(マリス・ヤンソンス指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団)のライブ録音に参加。また、エッシャー・トリオ(Escher Trio)のメンバーとして、室内楽奏者としても積極的に活躍している。
イェルーン・バル
˄ページのトップへ

ログイン


新規登録


生年月日(パスワードを失念された際にお聞きします)

エラーメッセージ:

閉じる