チケット買うなら、イベントするなら 🎫 マイチケ

大谷康子&イタマール・ゴラン      デュオ・リサイタル 宮崎公演メイン画像
大谷康子&イタマール・ゴラン      デュオ・リサイタル 宮崎公演
児湯食鳥Special Concert
クラシック
🕒日時
2019年5月19日 (日) 14:00 開演(13:30開場)
<<イベントは終了しています>>
🏛会場
宮崎市民プラザ オルブライトホール
宮崎県宮崎市橘通西1丁目1番2号
TEL:0985241008
🎫価格
前売り券 5,000円
👥出演

大谷康子&イタマール・ゴラン      デュオ・リサイタル 宮崎公演 について

日本を代表するヴァイオリニスト大谷康子とピアノの名手イタマール・ゴランの究極のデュオ。クライスラー「愛の喜び」やバッハ「G線上のアリア」フランク「ヴァイオリン・ソナタ」など世界中で親しまれている曲目に加え、日本の名曲も予定している。※演奏曲は変更になることもあります。

イベントサブ画像

大谷康子 (ヴァイオリン)

今年デビュー44周年を迎えた人気・実力ともに日本を代表するヴァイオリニスト。1708年製ピエトロ・グァルネリを使用。華のあるステージ、深く温かい演奏で聴衆に感動と喜びを届けており「歌うヴァイオリン」と評される。東京藝術大学、同大学院博士課程修了。在学中よりソロ活動を始め、ウィーン、ローマ、ケルン、ベルリンなどでのリサイタル、トロント音楽祭、ザルツブルグ市などに招待され好評を得る。スロヴァキアフィル、シュトゥットガルト室内楽団など国内外の著名なオーケストラとも多数共演。また、1公演で4曲のヴァイオリンコンチェルトを1日2公演行うという前代未聞の快挙を達成し話題となった。2017年はウィーンのムジークフェラインでリサイタルを開催。夏にはロシアの名門モスクワ・フィルの日本ツアーにソリストとして出演し絶賛を博した。キエフ国立フィルとは2017年以降毎年招聘され、今年11月ウクライナにて3年連続の共演を予定。また、5月に実力派ピアニスト、イタマール・ゴランと全国ツアー(約11ヶ所)を予定。CDはベストセラー「椿姫ファンタジー」(SONY)のほか、ベルリンでの録音による「R.シュトラウス/ベートーヴェン・ソナタ№5(ピアノ: イタマール・ゴラン)」(SONY)も評価が高い。その他多数リリース。文化庁「芸術祭大賞」受賞。東京音楽大学教授。東京藝術大学講師。(公財)練馬区文化振興協会理事長。川崎市市民文化大使。高知県観光特使。(公財)日本交響楽振興財団理事。BSテレビ東京(毎週土曜朝8時より放送)「おんがく交差点」では春風亭小朝と司会・演奏を務め、八面六臂の活躍をしている。昨年7月、自身初の著書「ヴァイオリニスト 今日も走る!」(KADOKAWA)を発売。 オフィシャル・ホームページ http://www.yasukoohtani.com(715字)
大谷康子

イタマール・ゴラン Itamar GOLAN(ピアノ)

イタマール・ゴランは、現代を代表する傑出した音楽家達とのパートナーシップを20 年以上の永きに亘り築いてきた。その演奏は批評家から高く評価され、世界の著名コン サートホールに度々出演する引っ張りだこのピアニストのひとりとなっている。 アメリカ-イスラエル文化財団より繰り返し奨学生に選ばれ、エマヌエル・クラソフ スキーや室内楽の恩師であるチム・タウブに師事した。その後ボストンのニューイング ランド音楽院より全額免除の奨学金を得、レナード・シュアのもとで研鑽を積んだ。 当初より室内楽に傾倒する一方で、ソリストとしても活動し、これまでにメータ指揮イスラエル・ フィルとベルリン・フィルに、またガッティ指揮スカラ座管、ムーティ指揮ウィーン・フィル、マ ゼール指揮フィルハーモニア管に客演している。 これまでにレーピン、ヴェンゲーロフ、ラクリン、マイスキー、ミンツ、ギトリス、チョン・キョ ンファら著名演奏家と共演。またザルツブルク、ヴェルビエ、ルツェルン、タングルウッドなどの音 楽祭に度々出演するほか、ドイツ・グラモフォン、ワーナー・クラシックス、デッカなどから数々の CDをリリースしている。 1991年には若くしてマンハッタン音楽学校の教師に迎えられ、1994年からはパリ国立高等音楽院に て室内楽クラスの教授を務めている。パリ在住。
イタマール・ゴラン
˄ページのトップへ

ログイン


新規登録


生年月日(パスワードを失念された際にお聞きします)

エラーメッセージ:

閉じる