チケット買うなら、イベントするなら 🎫 マイチケ

アレクサンドル・マルクス ピアノ・リサイタルメイン画像
アレクサンドル・マルクス ピアノ・リサイタル
函館公演 1
クラシック
🕒日時
2019年12月15日 (日) 16:00 開演(15:00開場)
<<イベントは終了しています>>
🏛会場
Salon d'Erard(サロンエラール) 
北海道函館市船見町8(弥生坂沿い)
TEL:090-2075-3814
🎫価格
一般 4,000円
👥出演

アレクサンドル・マルクス ピアノ・リサイタル について

ダン・タイ・ソンを教えた名教師にして、ロシアの音楽家たちから絶大な尊敬を受ける名ピアニストがお贈りする「ロシア・ピアノ小品の“宝石箱”」19世紀、20世紀ロシア・ピアノ芸術の、比類のない“鍵盤遺産”

【誰もが知る名作から秘曲まで 】
~ロシア・ピアノ楽派の巨匠メルジャーノフを讃えて~
ラフマニノフ:《前奏曲》op.32-12,32-5、《音の絵》op39-1
グリンカ(バラキレフ編)《ひばり》
アリャビエフ:《カドリーユ》
ボロディン:《スケルツォ》
スクリャービン:《詩曲》op.32
メトネル:《春》op39-1
シチェドリン:《アルベニス風》
ショスタコーヴィチ:《ポルカ》 ほか

開演1時間前より、イギリス風、午後のハイティー付き
●赤ワイン・2000年ヴィンテージ:シャトー・サン・モン  ●フランスのフォアグラのカナッペ
●イギリスの田舎のチーズ  ●珍しいロシアの黒パン  ●アイルランドのタイタニックティー(日本未入荷)がつきます。


アレクサンドル・マルクス Alexander Malkus(ピアノ)

モスクワ音楽院にてV.A.ナタンソンに学び、卒業後アシスタントに就任。シチェドリン自身の依頼によりヨーロッパ初演を指名されるなど、一貫して20世紀以降のロシア音楽の専門家として知られている。長い間、ヴァイオリニストのタチアナ・グリンデンコと組むなど室内楽の造詣が深く、Londonに演奏会で 訪れたときに急遽、音楽大学から室内楽の講座を依頼された。 メロディヤ時代から多数のレコーディングを行なっている。門下には、ダン・タイ・ソンもいる。
アレクサンドル・マルクス
˄ページのトップへ

ログイン


新規登録


生年月日(パスワードを失念された際にお聞きします)

エラーメッセージ:

閉じる