チケット買うなら、イベントするなら 🎫 マイチケ

富田心ヴァイオリン・リサイタルメイン画像
富田心ヴァイオリン・リサイタル
クラシック
🕒日時
2022年1月30日 (日) 14:00 開演(13:30開場)
<<イベントは終了しています>>
🏛会場
さくらホール
岡山県岡山市中区福泊269
TEL:086-277-9541
🎫価格
一般 3,000円 /高校生以下 1,500円 /当日券 3,500円
👥出演

富田心ヴァイオリン・リサイタル について

岡山出身の才能が、ついに日本デビュー!

※感染症対策について※
本公演は感染症対策を実施して開催いたします:

●50%の人数制限
●演奏中も換気を実施(空気清浄機も設置します)
●入り口におけるアルコール消毒の実施
●屋内での不織布マスクの常時着用

皆様のご理解、ご協力を心よりお願い申し上げます。

富田心 Coco Tomita(ヴァイオリン)

2002年岡山県生まれ。生後6ヶ月で渡英し、4歳よりヴァイオリンを始める。2010年、8歳の時アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクールカテゴリーA3位受賞(最年少)。2017年、イーストボーン交響楽団ヤングソリストコンクール優勝。2019年、ウィーン国際音楽コンクール、ベルリン国際音楽コンクールともに金賞受賞。カール・フレッシュアカデミーにてカール・フレッシュ賞を受賞。2020年、BBCヤング・ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー2020弦楽器部門優勝。 10歳でロンドンのカドガンホールにてデビュー。以来、英国を拠点にイタリア、オーストリア、オランダ、カナダ、スイス、スペイン、ドイツ、ベルギーでソロや室内楽のコンサートを行う。これまでに、サウスバンクシンフォニア、イーストボーン交響楽団、バーデン=バーデンフィルハーモニー管弦楽団などと共演し、好評を博す。 10歳でイギリスの名門ユーディ・メニューイン音楽学校に英国政府奨学生として入学し、ナタリア・ボヤスキー、ルチア・イブラギモヴァに師事。マスタークラスにて、国際的に著名なピエール・アモイヤル、アリーナ・イブラギモヴァ、ローマン・シモヴィッチ、ゴルダン・ニコリッチ、ニン・フェン、コリア・ブラッハー、ミハエラ・マルティンの各氏に師事。2020年5月、英レーベルOrchid Classics と契約。デビューアルバムを2022年にリリース予定。
富田心

若松弥々 Yaya Wakamatsu(ピアノ)

台湾出身、本名王雅萱(ワン ヤーシェン)。台北東呉大学校音楽科卒業。ドイツ国立カールスルーエ音楽大学を最優秀の成績で卒業、修士課程修了。ザルツブルグ、モーツァルテウム音楽大学にて大学院課程(Piano Solo Postgraduate)在籍。 カールスルーエ音楽大学在学中、バリトン歌手Hanno Mueller-Brachmann氏クラスの専属伴奏アシスタントを務める。ピアノを、Daming Zhu、Gabor Paska、Kalle Randalu、室内楽をRalf Gothoni、伴奏法をMarkus Hadullaの各氏に師事。 これまでに数々のコンクールにて優秀な成績をおさめ、台北、ベルリン、ミュンヘン、ブダペストなどで数多く演奏会、音楽祭などに出演し、オーケストラとの共演も重ねている。台北の”音楽文化芸術ファンデーション New Artist”オーディションに選ばれ、2018年台北バッハホールにてソロリサイタルを行う。 2017年にドイツより完全帰国し、2019年から広島を中心に室内楽やソロの演奏活動をする傍ら、後進の指導にも力を入れている。
若松弥々
˄ページのトップへ

ログイン


新規登録


生年月日(パスワードを失念された際にお聞きします)

エラーメッセージ:

閉じる