チケット買うなら、イベントするなら 🎫 マイチケ

ミュンヘン・バッハ管弦楽団メイン画像
ミュンヘン・バッハ管弦楽団
クラシック
🕒日時
2019年10月8日 (火) 13:30 開演(13:00開場)
<<イベントは終了しています>>
🏛会場
横浜みなとみらいホール 大ホール
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-6クィーンズスクエア横浜
TEL:0456822020
🎫価格
S席 8,500円 /A席 6,500円 /B席 5,000円
👥出演

ミュンヘン・バッハ管弦楽団 について

J.S.バッハの伝道師、カール・リヒターの遺産-バッハの名を冠する本家本元の名門アンサンブル

音楽の父・バッハ、音楽の母・ヘンデル。
クラシック音楽の礎を築いたバロック音楽2大巨匠の名曲を聴き比べる贅沢な時間。

出演:ミュンヘン・バッハ管弦楽団 Munich Bach Orchestra
曲目:
G.F.ヘンデル シバの女王の入城、「水上の音楽」第1組曲、
J.S.バッハ ヴァイオリン協奏曲第1番、主よ、人の望みの喜びよ、他
公演時間:約2時間予定(休憩含む)
イベントサブ画像

ミュンヘン・バッハ管弦楽団 Münchener Bach-Orchester

ミュンヘン・バッハ管弦楽団は、1954年のミュンヘン・バッハ・合唱団創立後、バッハ音楽の先駆者であるカール・リヒターによって創設されました。パリ、モスクワ、東京、ニューヨークに至る世界各地での公演ツアーや、その独自のバッハ作品演奏の解釈によって瞬く間に世界的な室内管弦楽団としての地位を築きました。 これは、ドイツ・グラムフォンから出されている膨大な録音、またその他映像作品や音源の記録からも裏付けられます。1960年代、70年代には、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、フリッツ・ヴンダーリヒ、エディト・マティス、モーリス・アンドレといった、著名な歌手や演奏家と共演。この時期には、バッハからベートーヴェンに至る主要作品が録音されました。古楽器奏法が主流となる前に、ミュンヘン・バッハ管弦楽団はこの分野においてはほぼ比類ない存在となっていきました。 ゲスト指揮者としては、レナード・バーンスタインやブルーノ・ヴァイル、ペーター・シュライアー、といった音楽会の巨匠が名を連ね、現在はカール・リヒター、ハンス・マルティン=シュナイトに続いて、指揮者・オルガン奏者・ハープシコード奏者として活躍するハンスイェルク・アルブレヒトがこの名誉あるミュンヘン・バッハ管弦楽団を率いています。偉大なミュンヘン・バッハの伝統(古楽器奏法)に基づいた演奏法と独創的な再演で芸術活動を続け、今後のますますの活躍に期待が寄せられています。
ミュンヘン・バッハ管弦楽団
˄ページのトップへ

ログイン


新規登録


生年月日(パスワードを失念された際にお聞きします)

エラーメッセージ:

閉じる