チケット買うなら、イベントするなら 🎫 マイチケ

イベントメイン画像
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
(Pf. 清塚 信也)
クラシック
🕒日時
2017年7月2日 (日) 15:00 開演(14:30開場)
<<イベントは終了しています>>
🏛会場
練馬文化センター大ホール
東京都練馬区練馬1-17-37
TEL:0339933311
🎫価格
S席 10,000円 /A席 8,000円 /B席 6,000円
👥出演

イベント詳細

モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
第2次世界大戦の後、ロシア政府はレニングラード・フィルのライバルとなるオーケストラを首都モスクワに設置、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団が発足されました。音楽監督にはキリル・コンドラシン、親交のあった作曲家ショスタコービッチの後期交響曲を初演。それによって楽団は世界的に話題となり、当時の西洋音楽界はこの新しい楽団に多大な関心を寄せました。現在に至るまで、マゼール、メータ、ソリストにはルービンシュタイン、スターン、メニューイン、グールド、ポリーニ、ミケランジェリ、リヒテル、ギレリス、ロストロポーヴィッチといった錚々たる面々が名を連ねています。
現在はユーリ・シモノフが首席指揮者に就任、国際的なコンサート活動を展開しています。

ユーリ・シモノフ(指揮)
ブラス・セクションを大きく鳴らし、打楽器を炸裂させるシモノフの、「ロシア風」といえる音楽づくりは日本でもファンが多い。ロシア系作曲家の作品はもとより、モーツァルトやベートーヴェン、マーラーからイタリア・オペラに至るまで、多彩なレパートリーを獲得している。1968ローマ・サンタチェチーリア指揮者コンクールで優勝。その後レニングラードフィルハーモニー交響楽団にてムラヴィンスキーの助手をつとめる。1969年ボリショイ歌劇場に招かれ「アイーダ」でデビュー。1985年まで首席指揮者を努め、当歌劇場では最長の任期であった。1998年モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。NHK交響楽団にも客演している。

清塚信也(ピアノ)
5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。中村紘子、加藤伸佳、セルゲイ・ドレンスキーに師事。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後、モスクワ音楽院に留学。 1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位。2000年第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 第1位、2004年第1回イタリアピアノコンコルソ金賞、2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位など、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。人気ドラマ「のだめカンタービレ」にて玉木宏演じる「千秋真一」、映画「神童」では松山ケンイチ演じる「ワオ」の吹き替え演奏を担当し、脚光を浴びる。知識とユーモアを交えた話術と繊細かつダイナミックな演奏で全国の聴衆を魅了し続け、年間100本以上の演奏活動を展開。ポーランド国立放送交響楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、モスクワ・フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等と協演するほか、華道家假屋崎省吾や書道家武田双雲とのコラボ公演、舞台「ジョルジュ」への出演(村井国夫、音無美紀子、竹下景子、中嶋朋子ほか、との共演)など幅広く活躍。映画「うつし世の静寂に」にて音楽監督、映画「天国はまだ遠く」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」「ベルセルク/黄金時代篇III 降臨」などのサウンドトラック演奏や、映画「ポプラの秋」(主演:本田望結)ではメインテーマおよび劇伴音楽の作曲&演奏、NHK大河ドラマ龍馬伝「龍馬伝紀行」テーマ曲演奏など各分野にて活躍。「NHK歌謡コンサート」「FNS歌謡祭」「僕らの音楽」「ミュージックフェア」等の音楽番組での有名アーティストとの共演や数々のTVバラエティ番組への出演、全国7局ネット『清塚信也ピアノラウンジ』のパーソナリティやニッポン放送「清塚信也のオールナイトニッポンR」でも初パーソナリティを務めるなどマルチピアニストとして活動する中、書籍、ピアノ教則本、楽譜集なども発表。2013年には映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役として俳優デビューするなど、年々活躍の幅を広げ、2015年10〜12月放送のTBS系金曜ドラマ『コウノドリ』(主演:綾野剛)ではピアノテーマおよび監修を手掛けるほか、ライブハウスのマネージャー役でも出演。同年11月発売の最新アルバム『あなたのためのサウンドトラック』が数週間に渡りオリコン・ウィークリー・ランキング「クラシック部門1位」を獲得するほか、Billboard Japan、Amazon、iTunesなどのチャートを席巻。2016年11月より配信のHuluオリジナルドラマ「代償」(主演:小栗旬)ではエンディングテーマを手掛け、同年12月7日発売のニューアルバム「KIYOZUKA」もBILLBOARD Japan「クラシック部門1位」を獲得。



イベントサブ画像
˄ページのトップへ

ログイン


新規登録


生年月日(パスワードを失念された際にお聞きします)

エラーメッセージ:

閉じる